傷つかない生き方を身に着ける

 

「傷つかない生き方」を身に着ける事を考える人は
自分自身が「傷ついてきた」のだと思いますが

自分自身が「傷ついた経験」というのは
「人の痛みが分かる」と同時に、人を傷つけないように
そして自分を傷つけないように、と
守ること」を、選択して生きていくことに
繋がる事もありますよね。

自分の行動が人を傷つけていたり
誰かに「傷つけられた」と感じる出来事があったりするのは
人が「人の痛みが分かる」為であったり
共感する」為には必要な事で

そうした経験をしてきたからこそ
見えるものがある人も、多いかと思います。

そして「誰も傷つけないように」する為に
自分を犠牲にする」事を、選択する人もいますよね。

ただ、「傷つかない生き方を身に着ける」事を考えるなら
人が「傷つく事を前提」に生きるのを辞める
意識する事が大切になります。

 

傷つかない生き方を身に着ける人が増える事が
人がより生き生きと生きる事に繋がると考える事が出来れば
まずは「自分が傷つかないこと」を意識すること

そして「傷つかない心を持つ人が増える」ことを
考えていく事が、大切になるのではないでしょうか。

 

【人が傷つく理由】

 

傷つかない生き方を身に着ける為には
人が「傷つく理由」について考えてみることは、大切になりますよね。

物理的に傷つくことは、置いておいて
精神的に傷つくことについてになりますが

例えば「人の言葉によって傷つく」こと
そして「人の態度によって傷つく」ことが
精神的に傷つくことの
多くを占めることになりますよね。

人の言葉によって傷つくというのは
自分を否定する言葉」である事が多いかと思いますが
極限まで行くと「寒い」「暑い」といった言葉でも傷つく人もいますし
言葉を通り越して、人の笑顔を見るだけで傷つく人もいますよね。

自分を否定する言葉によって、自分が傷つくのは
「自分を受け入れること」が出来ていないからであり
否定された部分が、否定される部分だと自分で考えている

つまり「コンプレックスをコンプレックスだと考えている人」は
コンプレックスを指摘されると傷つく事になりますが

自分から見てコンプレックスだろうなと考えていることを
相手がコンプレックスだと考えていない」なら
相手に対してコンプレックスを指摘しても
相手が傷つくことは無い、という事になります。

 

他にも「自分が楽しめば誰かが傷つく」と考え
人が傷つく事に対して自分も傷つくことから
自分の行動を制限する人もいますよね。

そこには「痛みに共感する心」
「傷つく心に共感している自分」がいるので

「傷つかない生き方を身に着ける」事を考えるのであれば
自分自身が「言葉によって傷つかない」こと

まずは「事実だけを見ること」を意識してみて
「言葉の裏を読む」ことや「被害妄想を膨らませない」ことが
大切になります。

現実に起こった出来事に対する「解釈」というのは
自分次第で変える事が出来るものであり

自分が見ている現実と、他の人の見ている現実というのは
基本的に「違うもの」だと意識して

お互いに「察し合いながら別の解釈をしている」かもしれない
という事を、意識してみると良いのでは無いでしょうか。

 

【傷つく心を乗り越えるには】

 

傷つかない生き方を身に着ける為には
傷つく心を乗り越える必要がありますよね。

その為に大切になるのが「根本的な自己肯定感」であり
自分が自分の存在を認めている」こと

つまり自分は「生きていても良い存在である」とか
「自分は愛されている存在だ」と
「自分自身が思っている」ことが大切になります。

 

自分が自分に自信を持って生きていれば
自分を否定する言葉に対して、傷つく事はありませんよね。

自分が人の言葉に傷つくのは、自分自身が
自分を受け入れる事が出来ていないから
「そのままの自分を受け入れる事が出来ていないから」で

自分が「否定されたと勝手に思っている」かもしれない
と意識してみる事で、相手は自分を否定している訳ではなく
自分の現実の見方を教えてくれている」のだと意識すること。

 

そして「傷つかない人」「自己肯定感の高い人」が増えることや
そうした人の輪に入ることで

「自分の言葉で誰かを傷つけるかもしれない」といった気遣いをすることの
必要も無くなります。

 

たまに「人の気持ちが分からない人」と言われる人がいますが
人の気持ちが分からないというより「自分と見ているものが違う」ことや
「自己肯定感が高い」「事実だけを見ている」人が
「人の気持ちが分からない人」と言われやすいですが

そうした人は海外だと価値観、考え方、現実に対する見方が合う事もあり
「日本では少数派である」という見方をする事も出来ます。

そしてそうした「自己肯定感の高い人」から
「傷つかない生き方」を、学ぶ事も出来るのでは無いでしょうか。

 

「周りが見えていないから傷つかない」のだと解釈しているのであれば
自分自身が「人の目を気にしすぎている」
「人からどう思われるかを気にしすぎている」
「人を傷つける事を恐れている」
「コンプレックスを受け入れる事が出来ていない」のではないかと意識して

自分自身が本当にやりたい事をして
良い人生を送る事、自分や人を受け止めること
そうした生き方を広める事を選択するのが
大切になりますよね。

 

【生き方とは在り方】

 

生きていれば誰でも気分の良い時と悪い時がありますし
生きていれば、人はいつか死にますよね。

寿命がどれだけ伸びたとしても、その人生を
どう生きるのか」によって
自分が現実に対して何を与える事が出来るのかは変わりますし
どんな人生を送ることになるのかが変わります。

 

自分の命は自分のものであると同時に周りの人に影響を与えるものでもあるので
自分の生き方が周りの人にとって本当に良いものなのかを
意識することは、大切になりますよね。

人は自分の主観で生きているものであり
自分が正しいと思っている事を選択しているものですが

自分の生き方は周りの人にも影響を与えているという事を意識して
自分がどんな生き方、在り方を選択する事が
人にとって良いものになるのか、と考えた所で主観でしかないのですが

なんとなく生きるよりも、目的意識を持って生きる方が
自分にとっても、周りの人にとっても「気づきのきっかけ」になりますよね。

 

自分が動く事で誰かが傷つくと考えるのか
自分が動く事で「誰かの気づきのきっかけになる」と考えるのかによっても
「行動出来るかどうか」が変わりますし

 

行動しなければ自分の現実は変わらない」ですし

行動すれば現実は変わる」ものですよね。

 

私たちが生きている「現実の世界」というのは
私たちの何かしらの「行動によって出来ている」ものであり

「思いだけで現実を変えた」という現実の見方をしている人もいるかもしれませんが
実際に「行動すること」が「現実の世界に参加する」
自分の人生を生きる」「主体的に生きる」という事ではないでしょうか。

 

自分自身が「傷つかない生き方、考え方を持つ」為に
人の言葉によって今の自分の現実の見方を知り、自分がこれから望む現実の見方へと変える」こと

「人の言葉を受け止めてより良い自分になること」や
「人の言葉を受け止めた上で、自分が生きたい人生を生きる」ことを

選択してみては、いかがでしょうか。

 

人はどんな人生を生きても良いものであり
人は自分が生きたい人生を生きているものなので
周りの人の事を気にしすぎるのを辞めて

自分が今、生きている現実、世界、視野を広げることで
より自分が生きたい現実、生き方をしている人を見つけることを
意識して、それを取り入れながら生きてみるのも、良いのではないでしょうか。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください