言葉の解釈を変える

「言葉の解釈を変える」事は、そこから感じる感情を変える事に繋がるので、それは自分の現実を変える事に繋がり、これからの現実をより自分が望む方向へと向かわせる事が出来ます。

人は「言葉」によって傷つくことや喜ぶ事がありますが、言葉はそもそも「事実を表す」ものであり、そこに「自分なりの解釈」を大なり小なり付けて感情を感じる事が出来るのが「人間」ですよね。

例えば「悪い人」だとか「不良」「障害」「死」といった言葉に対して多くの人は「ネガティブなイメージ」を持つことが多く、ネガティブな解釈をする事が多いですが、全ての事は「表裏一体」であり「悪い人」「不良」「障害」「死」を創っているのは「良い人」「良」「健常」「生」で、違いを知る為、分かりやすくする為には両方とも必要なものとなりますよね。

人は言葉によって成長したり、自分の状態を確認したり、人と様々なコミュニケーションを取ったり、より自分が生きたい道を選択する事が出来るものですが、「言葉に対して抱いているイメージ」は自分次第で変える事が出来ると意識しておく事は大切になります。

言葉に対する解釈は自分次第で変えられると意識しておくことによって、例えば「人の言葉に傷つく」のは、自分がその言葉に対してネガティブなイメージを持っているからだと気づく事もあり、気づく事によって解釈を変えれば、また新しい現実の見方をする事が出来ますよね。

「自分の言葉によって人を傷つけたくない」と考える人は「自分が言葉によって傷つかない」事をまずは意識してみることや、人が言葉によって傷つくのは、相手が「言葉に対する解釈を変える機会」であると意識してみるのも良いのではないでしょうか。

・言葉による引き寄せの法則

引き寄せの法則は「自分が望むものが自分の元へと引き寄せられる」といった解釈をする人が多いものですが、そもそも「引き寄せの法則」を引き寄せる人というのは「何かを望んでいる人」であり「満たされていない人」「より多くを望む人」になるので

現実に対して満足していて、満たされている人は、自然と引き寄せの法則を理解している人であり、知識として学ばなくても経験や体験として「自分が望むもの(合うもの)が自分の現実に現れる」ことを知っています。

言葉を使って「引き寄せの法則を実践する」のなら、自分が「人に対してどんな発言をするのか」や「どんな言葉に引き寄せられるのか」を意識して生きることは大切になり

例えば「ワナ」や「危険」に引き寄せられる人は、「ワナ」や「危険」を求めている人であり、それを発信している人は「ワナ」や「危険」を求めている人を引き寄せているので、お互いにお互いの望みを叶えているだけであり、良いも悪いもありませんよね。

「ワナ」や「危険」だけを見ると「悪い」ように思えますが、それを「無意識に望んでいる」「その場に居る」という事は、そこに居ることやその先に行く事を自分が望んでいるので、長期的に見て自分の成長、気づきに繋がると考えるなら「良い」と捉える事も出来ます。

そこにある「責任」は「相手」にも「自分」にもあるので、自分の現実に対して責任を持つという事が、自分が本当に生きたい現実を生きる為には大切な事になりますよね。

自分はどんな現実を生きたいのかを意識して生きることで、どんな言葉を使うのか、どんな言葉を使う人と付き合うのか、どんな言葉を伝えていきたいのか、自然と変わって行くものでもありますが、それを常に意識する事が出来るような自分で在ることが、より自分が望む現実を創造する事に繋がりますよね。

・言葉に対する解釈を変える

言葉に対する解釈を変える事は、自分の感情をコントロールする事にも繋がります。

常に冷静で居たい人や、現実を俯瞰する事を考える人は言葉に対する解釈を変える事、言葉を事実として捉える事は大切になりますし、そうする事で言葉から感じる感情が変われば、より「自分が望む現実」を実現することに繋がりますよね。

ただ、人から感情を抜くと機械的になるので、感情を感じること、共感することで人間を歩んでいる実感を持って生きる方が人間らしい生き方と言えます。

言葉に対する解釈を変える為には「言葉から連想できるものを増やす」ことや、「言葉に対するイメージを変える」こと、例えば「人に認められること」を求めている人は「人に認められたい」という望みがあり「認められることが良いこと」だという認識をしているかと思いますが、人に認められる事を求める人は「人に認められている」と感じている人とは違うフィルターを通して現実を見ていることになります。

「人に認められる為には何かをしなければいけない」という意識を持っている人は「存在を認められているから存在している」「既に認められている」ことに気づくことで、新しい現実の見方をする事も出来ますよね。

言葉に対する解釈、イメージ、印象が少しでも変われば、自分の現実はその形を変える事に繋がりますし、人は自分に合うものと引き合うだけなので、望まないものを引き寄せていると気付いた時には自分の意識を望むものへと変える事が大切になります。

そして自分の意識が変われば、例えば自分が身につけるもの、食べるもの、見るものも変わり、自分の元へ引き寄せられる人や情報も変化するので、それを「現実が変わった」と解釈することが出来ます。

現実を創造するというのは、自分が変わる事によって新しい自分の現実を創造していくこと、新しい繋がりを創って行くことだと捉えることで、過去に執着することなく今を生きること、そして新しい未来を創って行くことに集中することが出来ますよね。

言葉に対する解釈を変えるだけでも自分の見ている現実はその形を変える事になるので、自分が受け取りたいように解釈して生きる事で、自分の現実は自分の思い通りになります。

というより全て「自分の思い通りである」と思い出す事で、「思いを変える」ことで「自分が認識する現実を変える」ことが出来るようになりますよね。

言葉の解釈を変えるというのは今までの自分の価値観、考え方を変える事にも繋がりますし、価値観、考え方が変われば自分の在り方、取る行動、話す内容も変わる事になります。

そしてそうした繋がりを変えて行く事によって、自分の周りの環境も形を変える事になりますよね。

人はどんな生き方をする事も出来ます、そして人は自分が見たいものを見て、生きたい人生を生きているだけなので、自分がどんな生き方をしたいのか、自分はどう在りたいのかを「決める」ことが、あなたのこれからの人生を決める事になると「意識」して、自分はどんな生き方をしたいのか、現実の世界でどんな役割をしたいのかを、決めてみてはいかがでしょうか。