生きてるだけで迷惑だと思ったら考えたい事

 

自分は「生きてるだけで迷惑」だとか

自分のせいで「誰かを傷つけてしまう」と考えると

 

誰かが傷ついた事が「自分と仲良くしたから」だとか

「自分と一緒にいたから」だという考え方を

してしまうかもしれませんが

 

そうした「思い込み」を持ったまま生きる事は

自分の人生にとって良いとは思えませんし

誰かの人生にとって、良い影響を与えるとも思えませんよね。

 

人は「傷つけられたと感じれば傷つく」もので

傷つけられたと感じなければ傷つかない」ものなので

 

自分が「傷つくと感じること」でも

相手は「傷ついたと感じない」事もあり

 

そうした生き方をしている人もいると知れば

自分が「傷つけられたと思わない生き方」をする事や

 

「誰かに傷つけられた」と感じながら生きている人ではなく

自分の「人生に責任を持っている人」や

傷つけられたとは感じない人」と一緒に

人生を生きる事を選択してみてはいかがでしょうか。

 

自分が生きているだけで迷惑だと

多くの人が思うようになれば

とても暗い人生を生きる人が増えますし

そうした現実を生きたいのなら、それも自由ですが

 

自分が「傷つけられたと感じない」で

自分の気づきや成長に繋がる出来事」だと意識して生きる方が

周りの人にとっても、良い影響を与えるのではないでしょうか。

 

【本当に人の為になる生き方を意識する】

 

生きてるだけで迷惑だと考えてしまう人は

出来るだけ「何もせずに生きる」ことや

人と関わらずに生きる」事を選択するかもしれませんが

 

「生きてるだけで迷惑」だと思われながら生きたいと

意識して生きている人はいませんよね。

 

本当は自分のやりたい事をして

自分の生きたい人生を生きたいと考えていても

誰かに迷惑をかけるかもしれない」と考えるから

その現実から抜け出せないままに

「人に迷惑をかけないように」生きてしまうのだと思いますが

 

「何が迷惑か」というのは人によって違うもので

「生きてるだけで迷惑」だと考えて

何もしない方が「迷惑だ」と感じる人もいると知る事で

新しい現実の見方をする事も、出来るのではないでしょうか。

 

自分の周りの人がみんな「自分は生きているだけで迷惑だ」と

考えて生きていたとしたら

現実はとても「生きたいと思えないもの」になりますよね。

 

本当に人の為になる事を考えるのであれば

「迷惑をかけないように生きる」のではなく

誰かが生きたいと感じる現実の一員になる」方が

よっぽど人の為になると、私は思いますが

 

どんな現実を生きるのかを決める事が出来るのは

「自分だけ」だと意識して

自分が本当に生きたい人生はどんなもので

その為に自分は「何を変えれば良いのか」を

考えてみてはいかがでしょうか。

 

【自分が変われば現実は変わる】

 

自分が「生きているだけで迷惑だ」と思いながら生きる事で

「人に迷惑をかけた事」に焦点を当てて生きる事になりますが

 

自分の人生は「自分が何に焦点を当てるのか」で変わるので

現実を変えたいと考えれば「変えられる」ものです。

 

学校に行きたくないと思うなら行かなくても良いし

会社に行きたくないと思うなら行かなくても良いもので

それでも「生きていく方法」は、自分が探せば見つかりますし

自分と似たような考え方をする人を、見つける事も出来るかと思います。

 

真面目に「迷惑をかけてはいけない」と考えすぎて

自分が精神的に追い詰められる事の方が問題

 

そうなる前に「逃げる」事も一つの選択ですし

現実は自分の心の反映だと言われるように

自分自身に「余裕」がなければ

どんどん「余裕が無くなる」方向へと向かうので

頑張れば頑張る程に、追い詰められる現実を味わう事にもなりますよね。

 

自分の現実に現れる事には何かしらの意味があって

そこから自分が「気づき、成長する」事を選択すれば

新しい現実が自分の前に現れる事にも繋がります。

 

自分の基準を上げる事」

 

それが自分の現実を、自分が望む方向へと向かわせる事や

「人に迷惑をかける人」ではなく

人に価値を与える人」になる為には、大切ですよね。

 

生きてるだけで迷惑だと「考えている人」は居ても

生きてるだけで迷惑な人は居ないもので

人は生きているだけで何かしらの役割を果たしているので

周りの人に存在を認められているから生きている」と気づく事で

 

自分は一人で生きているのではない事や

人は一人では生きていけない事に、気づくのではないでしょうか。