気づく人と気づかない人の違い

 

「気づく」という言葉は良く使われますが
「気づく人」と「気づかない人」の違いはどこにあるのか
どうすれば「気づく人」になる事が出来るのか

「気づかない人」だと周りから言われる人からしてみると
「何に気づいていないのか」を教えてくれれば良いのにと
考える事もあるかもしれませんが

それは「自分で気づく事が大切」であり
何に「気づいているのか」というのも人によっては違うものなので

「気づく人になりたい」「周りが見えるようになりたい」と考える人は
まずは周りをよく観察してみる事や
「周りの人に合わせてみる」ことを
意識してみると、良いかもしれませんね。

 

「気づき」というのは「学び」と同じで
終わる事がないものだと感じますが
出来るだけ多くの「気づき」に出会うことで

周りの人の見ている現実を知ることに繋がるので
今の自分の現実が望まないものであるのなら
その現実を、自分が望む方向へと
向かわせることへと、繋がりますよね。

 

気づく人と気づかない人の違いというのは
物事を「」で見ているか「」で見ているか
と考えると、分かりやすいかと思いますが

起こった出来事を「点」で捉えている人
「現実を現実的に見ている人」が
周りが見えていない人、気づかない人に多く
「想像力が無い人」として捉えられる事もあります。

現実に起こった出来事、「点」を「線」として捉える事を意識すること
自分が何をすれば、現実がどう変わるのかを意識することで
「気づかない人」は多くの事に「気づく」ことが出来るかと思いますし

「気づかない人」に対して「気づきのキッカケになる」ような
行動を取る事も出来ますよね。

 

【気づく人は流れを意識する】

気づく人と気づかない人の違いといえば
全体の流れが見えているかどうか」が大きく
人は自分の主観で現実を見ていると意識して
出来るだけ「俯瞰する」ことを意識しながら現実を見ることが大切になりますよね。

 

例えばどこかで働いているとして
自分の仕事しか見えていない人もいれば
全体の仕事の流れを見ている人もいますし

 

初めて仕事をする場所では
余裕を持って全体を見ることは難しいかもしれませんが
慣れてくると全体が見えるようになりますよね。

 

何をすれば次に何が必要なのか
その為に必要な知識や経験もあるかと思いますが
自分や誰かが取る一つの行動が、どこへ繋がる行動なのか
「一つ一つ丁寧に観察する」と、見えてくるものも多く
それが新しい気づきにも、繋がるのではないでしょうか。

 

全体を見るということは「空気を読む」ことにも繋がるので
人間関係をよくする事にも繋がりますよね。

 

「気づく人」は空気を読む事にも長けていて
自分が何をすれば、現実がどう変わるのかという事を
自分の経験から、導き出す事が出来ているので

「気づく人」「周りが見える人」になりたいと考える人は
「今の現実に対する責任は自分にある」ということや
「今の現実は自分が望んだ事の結果である」という事は
意識しておく事が、大切になります。

 

【気づかない人は想像力がない】

「気づかない人」というのは
言葉で細かく具体的に伝えてくれないと分からない」人が多く
想像力が豊かで「察して欲しい人」が多い世の中では
なかなか「気づく」事が出来ませんよね。

 

自分の周りに「気づかない人」
「周りが見えていない人」がいるなら

「察して欲しい」と考えるよりも
具体的に言葉で伝える」方が、相手は理解してくれます。

 

ただ言葉で伝える事をしたくないと考えるのであれば
相手に対して「質問する」ことや
「人の経験として例え話をする」ことなどで
「気づき」を積み重ねていく事も、出来るのではないでしょうか。

 

周りが見えるようになるというのは
周りの人の見ている現実が見えるようになる

想像出来るようになる事で
それは「自分がどう見られているのか」を、知る事でもあります。

自分がどう見られているのかという事についても
連想される事柄は多くあるので全てを知るという事は
人の顕在意識では不可能だと思いますが

より多くの「そこから連想されること」「人の偏見」「多数の意見」を
意識する事が出来る人は
自分の立ち振る舞いや身に付けるものが
人に「自分をどんな人だと連想させるのか」を意識する事が出来ます。

人に嫌われて困っている人というのは
「人に嫌われるような振る舞いをしている」
「人に避けられるようなものを身につけている」
という事を意識出来るようになれば

「服装を変える」ことや「立ち振る舞い」「言葉遣い」を変えることなどで
新しい現実を創っていく事が出来ますよね。

 

自分がどう見られているのかを知る事で
自分がどう生きる事が自分自身の為になるのか
そして自分の周りの人の為になるのかという事も見えてくるので

 

周りの人の見ている現実を見ることが出来てからが
本当に、自分だけの為ではなく
周りの人の為になる事で、自分に出来る事や
自分のやりたい事が、見えてくるのではないでしょうか。

「自分がどう見られているか」というのも「相手の主観」であり
相手の生きている思い込みの世界にはなるのですが
それを知ることによって「新しい主観」を自分の中に取り込む事になるので
それは自分の視野を広げる事に繋がりますよね。

そして自分はどんな生き方、考え方、現実の見方をしている人と
一緒に生きる事を選択するのか、という事が一番大切になるので

「気づきが少ない人」も「気づきが多い人」も
「今、自分は自分の生きたい現実を生きている」と意識して
それをより自分が望む現実へと、変えていく事が出来るのではないでしょうか。