周りの人がみんな敵に見える人へ

「周りの人がみんな敵に見える」という現実を歩んでいる人は、人を信じる事が出来ずに、誰を信じれば良いのかが分からないと、自分の心が休まる事がなく「誰も信じられない」と考えたり、「自分は何もしていないのに」と考え、相手を攻撃する事で自分を守る事を選択するかもしれませんが

周りの人がみんな敵に見える時、その原因は今の自分の状態にあるもので、何がそうさせているのかに気づかなければ「何もしていないのに敵視されている」と考えてしまう事になります。

「周りの人にとって自分が敵に見えている」という事に気づく為のヒントというのは、今までの自分の人生の中にあるもので、「それに自分で気づく」事を求められていると知ることから

自分の現実を、まずは冷静に受け止める事が出来るのではないでしょうか。

・なぜ周りの人が敵に見えるのか

自分の周りの人がみんな敵に見える時、「自分も周りの人から敵に見えている」と知る事で、新しい気づきを得る事が出来るかと思いますが、「自分は何も悪くない」と考えている人は、それに気づく事はありませんよね。

自分にとって、周りの人が敵に見えているように、周りの人にとっても、自分が敵に見えている事があり、その周りの人の見ている現実を知る事が、自分の見ている現実を変える事にも繋がるので、「自分が何をすれば、現実がどう変わるのか」を、まずは冷静に、色々と試してみると良いのではないでしょうか。

周りの人がみんな敵に見える人は、現実に怯えて生きていく事にもなるかと思いますが、それが人にとって「良い人生だ」と考える人はいませんよね。

周りの人がみんな敵に見える人は、まずは「被害者意識を手放す」事を考える事が、その現実を変える事に繋がりますし、そこで得た「共感力」や「現実との繋がり」が、これからの自分の人生にとって掛け替えのないものであると知る事になります。

自分と現実が繋がっているという事に「気づかせて貰った」という意識を持つことで、そこに感謝の気持ちを抱くことにも繋がって行くのではないでしょうか。

・周りの人が見ている現実を知る

自分が見ている現実や思い込み、起こった出来事への解釈と、周りの人の見ている現実や思い込み、起こった出来事への解釈が違うものだという事を意識しておく事で、自分の事を敵視しているように見える人にも、その人の見ている現実があるのだと受け止める事が出来ますよね。

自分が見ている現実の解釈の仕方を変えるには、周りの人の見ている現実の解釈の仕方を知る事が大切で、その全てを知る事は出来ないかもしれませんが、ある程度の人の思い込みを知る事はできますよね。

人と話す事が出来れば一番良いのですが、それが難しい場合は、テレビやラジオを聞いてみたり、街を歩いてみたりすることでも、そこから何かしらの気づきを得る事が出来るかと思いますし、起こっている「事実だけを見る」事を意識してみると、自分の感情や恐れに動かされる事も少なくなりますよね。

周りの人に対する恐れを手放すことが、自分の中にある恐れを手放す事にもなるので、まずは自分がリラックス出来る環境を作る事から意識してみてはいかがでしょうか。

・自分を助ける事が出来るのは自分だけ

周りの人がみんな敵に見える時というのは、誰かに助けを求めたくなるかと思いますし、私自身が「周りの人がみんな敵に見える」という現実を歩んでいた時、周りの人に助けを求めて、連絡をしたり話をしたりしましたが、「助けを求める」ことをすればする程に自分の現実が良い方向へと向かわないと気づいた時に、助けを求める事を辞めました。

つまり「被害者意識を手放す」こと、今の現実は自分が創ったものであると「受け止める」ことが、あなたの現実を変える事に繋がります。

自分の現実に起こっている「望まないこと」は、「自分が望んだこと」だと受け止めること、「自分で解決しなければいけない事」で「自分が気づかなければいけない事」だと気づかなければ、周りの人に動かされて、自分の人生を歩む事になりますし、いつまでも自分が「被害者」や「傍観者」のままに現実を歩む事へと繋がりますよね。

辛い時や苦しい時、誰かに助けを求めたくなる気持ちは分かりますし、そうした気持ちを持つ事が出来るのが人でもありますが、そうして誰かに助けてもらう事や、誰かを助けることによって「共依存」の人生を歩む事が本当に自分にとって良いのかどうか、意識してみる事は大切になりますよね。

自分を本当の意味で助ける事が出来るのは自分だけで、自分の現実を変えたいと考えるなら、その行動を起こす事が出来るのは、自分だけですよね。

自分の現実は自分で創って行くもので、「周りの人がみんな敵に見える」という現実を変えたいという思いからここへ辿り着いたのであれば、それは「自分が選んだ道」で、自分が望んだ事です。

現実を変える事は可能です。

その為には自分が自分の人生の主導権を持つこと、誰かに動かされるのではなく、自分が選んだ道を行くこと、現実をよく観察してみる事で、自分が望む現実に向かう為には、自分は何をすれば良いのかが、見えてくるのではないでしょうか。

周りの人がみんな敵に見える人は、自分と現実を繋げて見る事が出来ている人です。

自分と現実は繋がっていると気づく事が大切で、これから自分が穏やかな気持ちで生きる事が、自分の現実を穏やかにする事に繋がるので、周りの人がみんな敵に見える、という現実を変える為に、まずは人を信じること、そして自分がリラックス出来る環境を創る事を、行動に移してみてはいかがでしょうか。