自分の世界を広げる方法

 

 

「自分の世界を広げる」事は

人生で多くの経験や知識を受け取ること

そして発信する事が出来るようになるので

 

自分の現実に、今まで無かったものを創造する事になり

それは自分の現実を、より広い世界が見える現実へと

向かわせる事に繋がりますよね。

 

自分の世界は「自分が見えている世界

「自分が見ている現実」であり

それを広げる事を考えるのであれば

今までとは違う「新しい知識や経験」が必要になります。

 

人は自分が「知っているもの」しか

自分の現実の「選択肢」として認識する事は出来ず

 

「Mac」を知らなければ「Macが欲しい」とは思わないので

自分が「Macを使う」現実を、創る事は出来ませんよね。

 

自分の世界を広げたいと考えるのであれば

まずは「選択肢を知ること」が大切になるので

今まで自分が「目を向けなかったもの」に対して

目を向ける事を意識して

 

今までの「思考のパターンを壊す」ことで

新しい知識や情報を、自分の中に取り入れる事が出来ますよね。

 

今の自分が「正しい」と思ってれば

その中でしか自分の現実を創造する事が出来ませんが

 

それが自分の望む現実ではないのであれば

自分が望む現実に生きている人」の知識、情報

「思考のパターン」を得る事が

「自分の世界を広げる」ことへと

繋がるのではないでしょうか。

 

【新しい価値観、考え方に触れる】

 

新しい価値観、考え方に触れる事が

自分の世界を広げる事になるのは

人は「自分の価値観、考え方」によって

「どこまで自分の世界を広げるのか」

自分が手の届く範囲を広げられるのか」が変わるからですが

 

海外に行った事のない人が

「海外に行ってみたい」と思うようになるには

その「キッカケ」が必要で

 

それが自分の人生にとって「良いものになる」と

意識出来た時に、価値観や考え方は変わりますよね。

 

例えば「死ぬ時の事を考えたら好きな事をして生きた方がいい」とか

人はそうした「危機感を覚える」事で動かされたりもしますが

 

出来ればもっと「人生を楽しみたい」とか

好きな事をして生きていきたい」という思いから

自分の現実を変える事を考えたいですね。

 

自分の世界を広げるのは「新しい知識」です。

 

「自分の世界を広げたい」という「考え」を持っているなら

思考のパターンは自分の世界を広げる方向へと向いているので

 

後は自分の現実に対する行動を変える事

新しい知識を得て、行動に移す事」で

自分の世界を広げることは可能ですよね。

 

人は「見えているものしか見えていない」

というより「自分が見たいものに焦点を合わせて現実を見ている」ので

 

「可能性」に目を向ければ、自分の可能性は広がります。

 

そして自分が本当に生きたい人生を生きる為には

自分が行きたい人生へと繋がる知識、情報を求める事が

大切になりますよね。

 

【何の為に世界を広げるのか】

 

自分の世界を広げたいと考える人は

自分の世界を広げて何がしたいのかを意識する事は大切ですよね。

 

見ている世界を広げることは

自分の人生に沢山の可能性を生み出しますし

それは自分の現実を大きく変える事にも繋がります。

 

「人生を楽しみたい」のか

 

「今の現実を変えたい」のか

 

「人の役に立つ事をしたい」のか

 

人によって世界を広げたいと思う理由は様々ですが

 

自分の生きたい人生を生きる事が

本当に「生きる」という事ではないでしょうか。

 

そして自分が生きたい人生を生きる事が

それに同調する人を自分の周りに集める事へと繋がるので

自分の現実を「より自分が望む現実」へと

繋げていく事になりますよね。

 

世界は広いです、日本の事を知ることは大切ですが

日本は世界の一部であり、世界の中に日本があるので

世界を知る事が日本を知る事にも繋がりますし

 

自分が何の為に世界を広げるのかを意識する事で

自分が「何に焦点を当てるのか」が変わるので

より自分が望む現実へと向かわせる「情報を得る」事が出来ます。

 

そしてそれは、自分の現実

そして自分の周りにいる人の現実も

大きく変える事へと、繋がりますよね。

 

自分の世界を広げる事を考えた時に、一番意識したいのは

自分が生きたい人生を生きている人」を探すこと

そしてその人の「思考を自分に取り入れる」ことが

自分の「価値観、考え方」を変える事になるので

 

一番、自分の見ている世界を

自分が望む方向へと、広げる方法となるのではないでしょうか。