言葉の解釈を変える

「言葉の解釈を変える」事は、そこから感じる感情を変える事に繋がるので、それは自分の現実を変える事に繋がり、これからの現実をより自分が望む方向へと向かわせる事が出来ます。 人は「言葉」によって傷つくことや喜ぶ事がありますが、言葉はそもそも「事実を表す」ものであり、そこに「自分なりの解釈」を大なり小なり付けて感情を感じる事が出来るのが「人間」ですよね。 例えば「悪い人」だとか「不良」「障害」「死」といった言葉に対して多くの人は「ネガティブなイメージ」を持つことが多く、ネガティブな解釈をする事が多いですが、全ての事は「表裏一体」であり「悪い人」「不良」「障害」「死」を創っているのは「良い人」「良」「健常」「生」で、違いを知る為、分かりやすくする為には両方とも必要なものとなりますよね。… 続きを読む

自分を創る

自分の現実を創造する事を考えた時には、自分の「外側」「周り」「環境」、又は自分の「内側」「自分自身」を変える事が、新しい現実を創造する事へと繋がるので、「自分を創る」という事について意識して自分を変えて行く事は、より自分の現実を自分が望む方向へと向かわせる事に、繋がりますよね。 「自分」というものについての認識は、多くの場合が「自分を構成するもの」であり、自分が現実の世界で果たしている「役割」であったり、持っている「肩書き」「資格」「過去」によって「今の自分」が創られていきます。 そうした「積み重ね」によって「自分が出来ている」と認識する事で、これからの自分の現実は「これからの積み重ね」によって出来ることが理解出来ますが… 続きを読む

周りの人は自分の望みを叶えてくれているだけ

今の自分の現実がどんなものであったとしても、「周りの人は自分の望みを叶えてくれているだけ」であり、「周りの人も、自分の望みを叶えているだけ」だという事を、意識しながら現実を見ることによって 今、自分の現実に現れている人、出来事などは全て、自分の状態を教えてくれたり、これからの未来を予見させるものである。と、現実に対する「認識」「捉え方」をする事が出来るので 自分の現実を、より自分が望む現実へと向かわせる事を考えるなら、今の自分の見ている現実というのは「自分の状態」によってその形を変えるということ… 続きを読む